• ホーム
  • 皮下脂肪と内臓脂肪の違いを知ろう

皮下脂肪と内臓脂肪の違いを知ろう

2019年09月29日
肥満の女性

体の中に蓄積される脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。
皮下脂肪の方は皮膚のすぐ下に蓄積される脂肪ですが、内臓脂肪は内臓のあたりに蓄積される脂肪です。
一般的に皮下脂肪は女性に多く、内臓脂肪は男性に多いとされています。
メタボリックシンドロームという肥満を表す言葉がありますが、健康診断でメタボリックシンドロームと診断された場合は生活習慣病を発病しないうちに改善する必要があるでしょう。

皮下脂肪と内臓脂肪の大きな違いは脂肪が蓄積されている場所だけではありません。
皮膚のすぐ下にある脂肪は掴みやすいですから、お腹のあたりを掴めるようなら皮下脂肪の可能性が高いでしょう。
これに比べて内臓に溜まった脂肪は掴むことはできません。

生活習慣病を予防するならそれぞれの違いを把握しておき、内臓脂肪の蓄積を予防する必要があります。
高血圧や異質異常症、糖尿病といった生活習慣病は内臓に溜まった脂肪によって引き起こされる部分があります。
お腹がぽっこりと飛び出ているという男性は、運動習慣を身につけたり食事を工夫する等して脂肪を減らしていきましょう。

皮下脂肪と違い内臓脂肪の方は蓄積されやすい脂肪ですが、落としやすいという特徴があります。
それまでの生活習慣を大幅に見直すことができればスムーズに脂肪が落とせるでしょう。

しかし、長年続けてきた生活習慣を一気に変えることは簡単ではありません。
少しずつでも改善していき生活習慣病予防に努めましょう。
アルコールを毎日摂取する方や食事の量が人より多いという方は、内臓脂肪が溜まりやすい環境を作っています。
アルコールの摂取量を減らし、食事の内容を見直してみましょう。
野菜を中心としたメニューが効果的です。

関連記事
BMIが基準値内でもかくれ肥満の可能性があります

肥満は健康に大きく関わっています。医学的な肥満とは、単に体が太っているということではなく、脂肪が一定以上に多くなった状態のことです。現在、医学的な肥満かどうかはBMIという体格指数で判定されます。BMI値の計算方法は「体重(kg)÷身長(m)の2乗」です。日本肥満学会が決めた判定基準では、最も病気に

2019年11月03日
肥満は糖尿病や高血圧につながることから予防が大事

現代社会は非常に物が豊かになり、季節を問わずいろいろと手に入るようになりました。それは食生活にも影響を与えることであり、日本の食生活がとても裕福になった分人々の体が心配されることも出てくるようになったわけです。欲望のままに暴飲暴食を繰り返していますと肥満へと繋がり、体は悲鳴をあげ何らかの症状を出しま

2019年09月11日
腰痛と膝痛は肥満が原因の可能性あり

体重が増加する肥満の状態は、体を支える腰と膝に負担がかかるので、腰痛や膝痛を生み出す原因になります。腰痛を部分的に治療したり、膝痛対策のサポーターを使用しても、根本原因の肥満が改善されない限りは、再発や治療が困難な状況が続きます。座りっぱなしを避け、立ち上がりと歩く習慣を身に付ければ、肥満は少しずつ

2019年08月23日