• ホーム
  • 肥満は糖尿病や高血圧につながることから予防が大事

肥満は糖尿病や高血圧につながることから予防が大事

2019年09月11日
食事している男性

現代社会は非常に物が豊かになり、季節を問わずいろいろと手に入るようになりました。
それは食生活にも影響を与えることであり、日本の食生活がとても裕福になった分人々の体が心配されることも出てくるようになったわけです。
欲望のままに暴飲暴食を繰り返していますと肥満へと繋がり、体は悲鳴をあげ何らかの症状を出します。

肥満によって起こる主な内容に倦怠感や体重の現象といったことを感じることがありますが、そのような症状は糖尿病の現れである場合が多いのです。
糖尿病は毎日の食事に大きな問題があるとされ、糖分や脂質の取り過ぎや運動不足によるものから起こる事であります。
糖尿病は初期には大きな症状を感じることがないのですが、気づいた時にはかなり病状が進行しているということがほとんどですから定期的な健康診断を受けることがとても大事となります。
それにより自分の血糖値を知るようになり、予防と改善に役立つものとなるのです。
早期治療、早期発見が大事で常に健康診断の数値を知っておくことが必要であります。

また生活習慣病といわれるものに高血圧が問題とされ、それを抱えるのは高齢になるにしたがって多くなる傾向にあるのです。
若いときに比べ数値が高くなりがちな高血圧もやはり、肥満が影響しているところがあり気になるという人は意識して毎日血圧を測る習慣をつける心がけを持つとよいです。
高血圧改善に、自分で血圧測定器を購入し朝と夕方に測ることをし普段の生活にも気を配っていきます。
高血圧に繋がる塩分の取り過ぎや飲酒、喫煙を控え適度な運動を毎日の生活に取り入れていくことをします。
生活習慣病は本人の心がけが非常に大切となってきますので、ライフスタイルの見直しをしていく必要があります。

関連記事
BMIが基準値内でもかくれ肥満の可能性があります

肥満は健康に大きく関わっています。医学的な肥満とは、単に体が太っているということではなく、脂肪が一定以上に多くなった状態のことです。現在、医学的な肥満かどうかはBMIという体格指数で判定されます。BMI値の計算方法は「体重(kg)÷身長(m)の2乗」です。日本肥満学会が決めた判定基準では、最も病気に

2019年11月03日
皮下脂肪と内臓脂肪の違いを知ろう

体の中に蓄積される脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。皮下脂肪の方は皮膚のすぐ下に蓄積される脂肪ですが、内臓脂肪は内臓のあたりに蓄積される脂肪です。一般的に皮下脂肪は女性に多く、内臓脂肪は男性に多いとされています。メタボリックシンドロームという肥満を表す言葉がありますが、健康診断でメタボリックシン

2019年09月29日
腰痛と膝痛は肥満が原因の可能性あり

体重が増加する肥満の状態は、体を支える腰と膝に負担がかかるので、腰痛や膝痛を生み出す原因になります。腰痛を部分的に治療したり、膝痛対策のサポーターを使用しても、根本原因の肥満が改善されない限りは、再発や治療が困難な状況が続きます。座りっぱなしを避け、立ち上がりと歩く習慣を身に付ければ、肥満は少しずつ

2019年08月23日