• ホーム
  • BMIが基準値内でもかくれ肥満の可能性があります

BMIが基準値内でもかくれ肥満の可能性があります

2019年11月03日
お腹の脂肪を心配する女性

肥満は健康に大きく関わっています。
医学的な肥満とは、単に体が太っているということではなく、脂肪が一定以上に多くなった状態のことです。
現在、医学的な肥満かどうかはBMIという体格指数で判定されます。
BMI値の計算方法は「体重(kg)÷身長(m)の2乗」です。
日本肥満学会が決めた判定基準では、最も病気になりにくい数値のBMI22を標準として、18.5~25未満が普通とされています。
18.5未満は低体重(痩せ)、25~30未満は肥満度1、30~35未満は肥満度2、35~40未満は肥満度3、40以上は肥満度4です。

ところが、最近はBMIの数値が基準値内でも、体脂肪が多い「かくれ肥満」の方が増えています。

体脂肪のたまり方には、体の表面に近い皮膚の下に脂肪がたまる皮下脂肪型と、体の奥にある内臓周辺に脂肪がたまる内臓脂肪型の2つのタイプがあります。
BMIの基準値内で見た目には痩せているのにおなかがポッコリ出ているという方は、内臓脂肪型のかくれ肥満かもしれません。

内臓脂肪が多くなると、血圧を上昇させたり、インスリンの働きを抑制させたり、血栓ができやすくなったりする物質が大量に分泌されてしまいます。
これによって高血圧や脂質異常症、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病や、さらには脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病気を発症するリスクが高くなってしまうのです。

内臓脂肪を減らす一番のおすすめは、運動です。
もちろん過剰な脂肪の摂取は控えるべきですが、全く脂肪を食べないようにすると筋肉が衰え、かえって代謝が悪くなってしまいます。
バランスと量・質の良い食事を摂って基礎代謝を高め、少し遠回りして歩くなどの有酸素運動をこまめに続けて脂肪を燃焼させ、脱かくれ肥満を目指しましょう。

関連記事
肥満の悩みにはおからクッキーでBMIを下げる

肥満の悩みは体重を下げる為の食事内容を改善する事が大切です。全体の食事を減らす事も大切ですが最初から量を減らしても長続きさせる事は難しいでしょう。肥満を判定する指標にBMIというものが使われています。マスインデックスと呼ばれていてBMIで25以上が肥満とされています。これは計算方法が決まっていて誰で

2020年05月13日
肥満による食べ物を制限したときに役立つ酵素ドリンク

肥満は、正常な状態に比べて体重が重かったり体脂肪が過剰に蓄積した状態のことをいいます。肥満になると、心臓が体に血液を送るために負担がかかるようになり、重くなった分だけ膝や腰などに負担がかかるため膝痛や腰痛の原因となってしまいます。また、首周りに肉がついてしまうと睡眠時無呼吸症候群や高血圧、高血糖んど

2020年03月26日
肥満解消に効くゆで卵と梅干し

肥満解消に良い食品とは、血糖値を上げない、疲れを癒してくれる、などの条件が備わっているものです。ゆで卵と梅干しは、それぞれ血糖値を上げない、疲労回復する、といった効果があります。まず、ゆで卵は良質なタンパク源であるだけではなく、血糖値を上げない食品です。肥満になる原因は糖質の摂りすぎで、糖質をとると

2020年02月07日
ダイエット外来とも言われる肥満外来と生理後

ダイエット外来は、肥満外来とも言われています。ダイエット外来では、医療機関で専門医によって、医療での肥満治療を行います。エステサロンの痩身コースなどとは異なり、ダイエット外来では、なぜ肥満になったのか、原因を検査することからスタートします。太った原因を突き止めて、そこから的確な肥満治療をすることにな

2020年01月07日
肥満を解決するためにサウナスーツとゆで卵

体重を量ったら肥満のゾーンに入っていた時のショックは、言葉をなくすかもしれません。肥満から標準体重にまでは、体重を戻しておきたいものです。ダイエットをするために、サウナスーツも昔からある定番です。ダイエットグッズは豊富に販売されており、サウナスーツは発汗効果で痩せる効果をサポートします。肥満の人は汗

2019年12月04日
皮下脂肪と内臓脂肪の違いを知ろう

体の中に蓄積される脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。皮下脂肪の方は皮膚のすぐ下に蓄積される脂肪ですが、内臓脂肪は内臓のあたりに蓄積される脂肪です。一般的に皮下脂肪は女性に多く、内臓脂肪は男性に多いとされています。メタボリックシンドロームという肥満を表す言葉がありますが、健康診断でメタボリックシン

2019年09月29日
肥満は糖尿病や高血圧につながることから予防が大事

現代社会は非常に物が豊かになり、季節を問わずいろいろと手に入るようになりました。それは食生活にも影響を与えることであり、日本の食生活がとても裕福になった分人々の体が心配されることも出てくるようになったわけです。欲望のままに暴飲暴食を繰り返していますと肥満へと繋がり、体は悲鳴をあげ何らかの症状を出しま

2019年09月11日
腰痛と膝痛は肥満が原因の可能性あり

体重が増加する肥満の状態は、体を支える腰と膝に負担がかかるので、腰痛や膝痛を生み出す原因になります。腰痛を部分的に治療したり、膝痛対策のサポーターを使用しても、根本原因の肥満が改善されない限りは、再発や治療が困難な状況が続きます。座りっぱなしを避け、立ち上がりと歩く習慣を身に付ければ、肥満は少しずつ

2019年08月23日